遺言書について・・・

相続対策の遺言書には数種類ありますが、こちらでは実務でもよく使われる自筆証書遺言と公正証書遺言について

お話しさせていただきます。

 

◎自筆証書遺言

「自筆」ということからも想像できるように、ご自分が全部を手書きで遺言書を作成することです。

全文、日付、氏名を手書き、それと押印

押印は、認印でも拇印でもいいですが、実印の方が信用性が高いので良いでしょう。

 

まずは、ご自分の財産と譲る相続人をメモで書き出して、一覧にした方が分かりやすいと思います。

それをもとに遺言書を作成します。

不動産でいえば、登記事項証明書のとおり、所在、地番、地目、地積など書いてください。

銀行預金なら、銀行名、支店、預金の種類、口座番号になります。

譲る相続人は、住所、氏名、生年月日で特定してください。

遺言の内容は、明確に記しましょう!!

自筆証書遺言のデメリットとしては、

死亡後、本当に遺言者が書いたものかどうか、疑われる可能性がある。

タンスの奥などにしまっていて、家族に気付かれない場合がある。

内容の改ざんの恐れがある。

検認という手続きを家庭裁判所でしなくてはいけない。

検認手続がされていないと、不動産の名義の変更、金融機関の相続手続きで使用できないので

ご注意ください。

 

◎公正証書遺言

公証人という元裁判官や元検事をされていた方が公証役場というところで遺言書を作成してくれます。

証人2人以上の立ち合いが必要です。(通常2人で大丈夫です。)

自筆証書遺言同様、財産や相続人を書き出して、メモしましょう。

下書きになるのですが、メモをもとに下書きとして遺言書を書いてみてください。

あとは、お近くの公証役場で公正証書遺言を作成したい旨伝えれば、用意する書類等教えていただけます。

そして、打合せの予約をします。

 

正式に遺言書を作成する前に何回か、公証人と打ち合わせすることになると思います。

内容について、どう遺すのが良いのか、ご希望を伝えて文章をいろいろ考えるのです。

何回かの打ち合わせの後、本番の日には、公証人が事前に用意しておいた遺言書の全文を読み上げて、遺言者、証人は聞いています。

遺言者と証人が確認後、遺言書原本に署名・押印します。そして、その原本は公証役場で保管されます。

遺言書正本と遺言書謄本というものをいただけるので、1通はご自分で保管、1通は相続人に預けておけば、よろしいかと思います。

メリットは、紛失改ざんの恐れがないこと。

家庭裁判所での検認の手続きが不要。(公証人が関与することによって信用性が高いから)

 

デメリットとしては、公証人手続き費用がかかる。

なお、行政書士、弁護士などの専門家は、公正証書遺言をお勧めします。

検認手続がないので、遺言者死亡のあと、相続手続きがすぐに開始できるからです。

検認手続費用と家庭裁判所の手続きの時間がかかります。(1か月~2カ月ぐらい)

また、違う面では、死亡後本当に遺言者が書いたものか、つまり遺言書が本物か、偽物かで相続人の間で

争うことが少ないこと。公証人や証人が関与していますから、信用度が高いです。

【公正証書遺言をデジタル保存】
公証役場では、遺言書原本を保管することになります。
東日本大震災の教訓から、公正証書遺言をデジタル保存する取り組みが、全国の公証役場で始まりました。

遺言書原本を公証役場で半永久的に保存してもらえるのですが、今までは紙ベースでそのまま保存していました
これからは、スキャナーで読み取って、デジタル保存されるということです。
半永久的にということですが、規則では20年の保管期間ですが、50歳で作成すると70歳までしか保管されず、遺言者が存命している場合も多々あるでしょう。

だから、20年以上で、その人がおそらく生きていないだろう時期まで、保管するそうです。...
80歳の方が遺言を残した場合、その人が120歳になるぐらいまで保管されるとの事です。

 

 

 

●書き方がよくわからない。

●なるべく相続人が争わないような遺言書にしたい。

●書類を集めるのが難しい。あるいは体調が良くない。

●相続人同士でもめそうなので、親に遺言書を書いてもらいたい。

そんな時にはご相談ください。

遺言書の書き方の指導などお手伝いさせていただきます。横浜の行政書士 宇田川亨まで。

川崎市、藤沢市の地域の方も、ご対応させていただきます。

 

「宇田川亨」の仕事の特徴

1、依頼者と何度も会って、お話を聞き、説明をします。細かい点まで遺言書や相続関係書類に

記載して、依頼者にご満足頂いています。

遺言書作成の依頼では、だいたい5回面談しています。期間としては1か月前後になります。

電話やファックスでは、充分に依頼者に理解いただけないことがあるので、実際に会うことが

重要だと考えています。

 

2、依頼者に理解いただけるように、その都度、その方にわかりやすい資料を作成し、お渡ししています。

 

3、「遺留分」や「遺言執行者」など、難しい言葉は、かみくだいて、やさしい言葉で説明します。

 

横浜市の遺産相続・横浜市の遺言書のご依頼、ご相談は行政書士 宇田川亨事務所まで

電話 045-801-4858

営業時間 9時~18時

横浜遺言・横浜相続 鎌倉遺言・鎌倉相続 藤沢遺言・藤沢相続